デエサ、イベリコ豚がいないと消失する生態系の天国

この記事は、別のブログで2011年6月11日にアップしたものですが、
「スペインのおいしい食卓から」でも。。。
2年以上経った今でも、"仮称"のままのプロジェクト・・・。
いつになったら・・・って感じですね(笑)
ずっと、 "仮称"だったりして・・・。

*・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・*

最近、イベリコ豚関係の報道をチェックしていなかったので、久しぶりに
環境関連で検索してみて、昨年私が立ち上げようとして今でも仮称のままの
=「ドングリの森を守ろう!」プロジェクト(仮称) =と同じようなことを
話題にしている記事を見つけました。

いやぁ、私が考えていたこともまんざらじゃなかった・・・と感じて、
自己満足かもしれませんがちょっと嬉しくなってしまいました。

このプロジェクトを開始するための賛同者がなかなか集まらないので、
ちょっとのんびりとしていましたが、今年のモンタネーラの時期が始まる
前までには、なんとか形にして、プロジェクトの立ち上げを正式発表できる
ようにしたいと考えています。



以下、新聞記事の翻訳です。

デエサ、イベリコ豚がいないと消失する生態系の天国


イベリコ豚がいないと、天国ではない。これは世界で唯一と言える
生態系システムであるデエサ(ドングリの森)を守るために考えられた
キャンペーンのスローガンになるであろうし、イベリコ豚の飼育と関連
していなければ実現できなかったであろう。

2011年4月4日

EFE通信社-
純血種イベリコ豚のベジョータ生ハムは、1本あたり300ユーロくらいの値段が
市場でついているでしょう。
飼料で育てられたイベリコ豚の生ハムに比べて6倍以上の値段です。
まるで嘘のように感じるかもしれませんが、値段だけがこの2つの製品の
本質的な違いではないのです。

イベリコ豚のベジョータ生ハムを買う場合、消費者は厳選された高級品を
買っているということだけでなく、コルク樫やトキワ樫・カシワの森を
構成する生態系システムであるデエサ(ドングリの森)を維持していくために
貢献しているということを理解するべきです。

スペインでは300万ヘクタールのデエサがあり、120万ヘクタールがアンダルシアで、
アンダルシア地方の土地の15%近くを占めています。

アンダルシアのこの生態系システムの社会経済の重要性はとても大きく、
アンダルシア州議会で2010年7月に先駆的なデエサ法が可決しました。
このデエサ法は、デエサの保全を推進し、酪農産物に必然的に伴う価値を
置くことを目的としています。

アンダルシア州政府の農水顧問、クララ・アギレラ女史が「もしもデエサで
生産される製品の流通の底上げをし、その“品質の違い”を分かりやすく
証明しないと、生息動物だけでなくデエサ自体の消失の恐れがある」と、
明言しています。

デエサの全ての農産物の中で、経済的にまた社会的に一番重要なものは
イベリコ豚で、消費者からとても珍重されているドングリの生ハム
(ハモン・デ・ベジョータ)が生産されます。

1頭のイベリコ豚は成長するために1ヘクタールのデエサを必要とします。
肥育の期間(モンタネーラ)には、1日あたり10キロのドングリを食べ、
10月から3月までのモンタネーラの期間中、イベリコ豚は約1000キロ
近く食べると思われるからです。


もしものときのために、予備のリンク。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

アンダルシアの方が積極的に、取り組んでいるのは、デエサの存続が危ない
という側面があるからのようです。

世界的な経済危機だけでなく、地球全体の気候変動もデエサを直撃している、
という危機感が北部のサラマンカや、エクストゥレマドゥーラ地方よりも
高温乾燥地帯であるアンダルシアの方が強いのかもしれません。

アンダルシアには、コルドバとウエルバの2箇所にイベリコ生ハムのDO産地が
ありますし、その影響もあるかもしれません。

今後、プロジェクト本格的始動に向けて、アンダルシアの方々とも協力関係を
築けたらいいなぁ、と思っています。
まずは、連絡を取らないといけないですね。

あと、「デエサ法」の内容を調べてみようと思っています。



イベリコ豚やデエサの関係についての詳しい記事は・・・
【「ドングリの森を守ろう!」プロジェクト(仮称) 】にリンクを列記しています。

イベリコ豚を使ったお料理についての記事は・・・
【イベリコの料理のリスト】
*ご家庭でイベリコ豚を気軽に召し上がっていただけるヒントになれば幸いです。

スペインの太陽と大地のエネルギーを十分蓄え、ミネラル・ビタミンがたっぷり、
オレイン酸たっぷりでさっぱりした脂のイベリコ豚で、健康維持、病気予防を・・・。


◆イベリコ豚にたっぷり含まれている、オレイン酸。
オレイン酸と健康についてはいろいろな方が研究されていますが、
分かり易くまとめたサイトを見つけたので、リンクしておきます。

オレイン酸の効果について
◎過酸化脂質の発生を少なくする
◎HDL(善玉)コレステロールは下げずに、LDL(悪玉)だけを減らす
◎胃酸の分泌が少なくなる
◎排泄物を柔らかくして便秘を予防、解消する
◎肌の健康を維持する


最後に・・・。
アルベルカで飼育されているイベリコ豚です。

イメージ 1




















放牧飼育で健康的に育ったイベリコ豚は、オレイン酸やビタミン・ミネラルが豊富。
美味しいだけでなく、健康にもいいんです。
コレステロール・メタボ対策、アンチエイジング、ダイエット、健康に興味のある方、
是非お試しください。


facebookの「イベリコ・フェルミン」もよろしくお願いします♪

イベリコ生ハムの生産工場・スペインのデエサの活用状況を視察・見学したり、研修してみたい方は、お気軽にご相談下さい。取材、執筆、翻訳等のお問い合わせもお気軽に。。。
メールはこちら → amigoplaza@yahoo.co.jp




この記事へのコメント